今の会社に不満を持った場合、誰でも考えるのが「転職」でしょう。

しかし、この転職、ひとつ間違えると、短期間で転職を繰り返す負のループに陥りかねません。

 

転職じたいは責められるべきことではありませんが、その転職で何らかの改善が―それは給与でも、休日の多さでも、仕事の楽さでも良いのですが―を得られなければ、そもそも転職をする意味がありません。

時間をやりくりして面接に赴くのも一苦労ですし、転職によって新たなコミュニティーに入り込む場合、慣れるまでの半年ぐらいは精神的な消耗が大きいものです。

場合によっては転居なども伴うのですから、この労力を無駄にするべきではないのです。

しかし、ダメな男にひっかかる女、地雷女に引っかかる男が、しばしば同じ過ちを繰り返すのと同じで、会社選びでも、同じような会社を選んでは、また転職を繰り返すケースがあります。

「駄目だったらまた転職」は一理ありますが、現実には、転職者を募集しながら「転職回数〇回まで」といった応募制限をつけている企業も数多くあり、無駄に転職回数を増やすことのメリットは無い訳です。半年・1年で退職した経歴がずらっと並んでいる履歴書を見て、相手がどう考えるかは、言わなくても分りますよね。

ですから、転職を考えるみなさんは、「転職を一つの事業と考えて」、周到な準備と共に行うことが肝要です。

このカテゴリーでは、一般的な転職関連書籍等とはちょっと違った角度で、転職のノウハウについて、いくつかの稿に分けて考えてみることにします。