ブラック会社かどうかは、会社規模とは関係ありません。

 

中小企業の場合、創業社長が独裁者のように振舞っていたり、下請企業だと発注者の指定する無理な納期に合わせざるを得なかったりと、ブラック化しやすい要素が大企業より多いのは事実です。

 

でも、大企業・一部上場企業にも少なからずブラックはあります。

 

ブラック会社の代名詞のようになっている某外食産業を見れば一目瞭然ですね。

 

こういう会社、ブラック体質が隅から隅まで浸透しているような会社は、たとえ大企業であっても、社員でいて幸せになれるとは思えませんので、どこかの時点で見切りをつけて転職することを考えていた方がいいかも知れません。

 

 

ただし、大手企業で、会社全体でみればブラックではないが、一部の部署や拠点のみがブラックな職場となっているケースがあります。

 

このようなケースを、以後「部分ブラック」と呼ぶことにします。

 

 

人事異動により、突然発生する「部分ブラック」状態

「部分ブラック」という状態が発生する原因は、ほぼ100%「人」にあります。

 

僕が最初に勤めた損保会社では、全国規模での転勤が3年に1回ペースでありましたが、僕自身も、非常に働きやすかった職場が、人事異動で所長が変わった途端にブラック化した経験があります。

 

 

さて、あなたが現在大企業に勤めていて、不幸にして、この部分ブラックの穴に落ち込んでしまった状態になっているとしましょう。

 

それまで問題のなかった職場が、ひどくつらい場所になっています。

毎日の出勤時には心が重く、会社が近づいてくるうちに、だんだん動機が激しくなり、ついには、仕事を止めて転職したいと思うようになるかも知れません。

 

事実、転職紹介会社に登録している人の中には、世間で名前を知られている超大手企業の社員も少なからずいるのです。

大手の有名企業勤務というステータスを捨てても転職したいと考える人の多くが、部分ブラックに落ち込んでしまっていると考えて、まず間違いなさそうです。

 

 

転職ではなく、人事異動で解決をはかる方法もある

 

しかし、もし会社全体としてはブラックではなく、処遇も福利厚生もそれなりに良い大企業に勤務していて、たまたま自分の所属部署だけがブラック化している状態であれば、すぐに転職してしまうのはもったいないと思います。

 

転職先が中小企業の場合、給与の額は同じだとしても、退職金や福利厚生の面では大手企業に相当見劣りするケースが大半でしょう。

これからの不安定な時代において、「寄らば大樹の陰」というのは、残念ながら真実です。

せっかく大企業に入れたあなたが、これを簡単に手放すことはお勧めできません。

 

大手企業の場合、拠点も部署もたくさんあり、部署間での人事異動が定期的に行われている訳ですから、黙っていてもある時期が来れば、あなたかパワハラ上司か、いずれか一方が異動することで、あなたはパワハラ上司の下から離れることが出来ます。

 

しかし、それが理屈では分かっていても、いつになるか分らない異動をじっと待っているだけというのは、精神的に耐えられないと思います。

 

 

対処する方法は2つあります。

 

 

1つは、上司のパワハラを、録音などの証拠を添えて人事部門に訴えることです。

 

企業は、大きくなればなるほど、建前や、建前をもとにした規定に縛られるようになります。

大手企業であれば、人事部門もそれなりに組織化されているでしょうし、またコンプライアンスに関する規定も整備されているでしょう。

 

社員が動かぬ証拠を添えてパワハラを訴えてきたら、人事部門の担当者は何らかの対処をせざるを得ません。

 

正直、内心では「面倒くさいなぁ」と思うのでしょうが、訴えがあったのに放っておいて、その社員が外部の機関などに相談に行き、そちらから連絡が入ったりすれば、人事部門の窓口担当者の責任問題になるからです。

 

そして、異動のある大企業であればこそ、人事部門としても玉虫色の解決が可能です。

 

訴えのあったパワハラに真正面から取り組まなくとも、「とりあえず2人の相性が悪いようだし、片方を異動させて沈静化を図ろうか」という便利な方法が使えます。

 

人事部門に直接パワハラを訴え、人事異動を発令させること、これが解決方法の1つ目です。

 

正攻法ですが、実際にはかなり勇気がいる方法でもあります。

 

会社の序列を超えて「直訴」に及ぶわけですから、誰が見ても(聞いても)明らかなパワハラであり、上司の側に弁解の余地はない、という程度の証拠を揃えていないと、なかなか自信を持って行動できないのが現実ではないでしょうか。

 

 

2つ目の解決策は、もう少し穏便な方法です。

 

自分の言動を意識的にコントロールすることにより、とりあえずパワハラのターゲットになることを避け、日々をやり過ごしながら、他部署の上司の目に留まるようにするというものです。

 

同じパワハラ上司の下にいても、集中的にパワハラの砲火を浴びる人もいれば、あまりパワハラに晒されずに済む人がいます。

これは偶然でなく、パワハラされる人は、自分の無意識の言動が原因となって、パワハラを招いていることが多いのです。

また、「異動したい」「異動したい」と公言している人が、思い通りの異動の辞令を受け取ることは、非常に少ないと思います。

自ら「異動したい」と口に出すのはむしろ逆効果で、それよりずっと効果的な方法があるのです。

 

プロ心理カウンセラーの桑島隆二氏による パワハラから人事異動で脱出する方法には、どのような言動を取ったらパワハラが沈静化し、他部署に誘われるようになるのかについての、詳しい解説が書かれています。

僕自身が実際に購入した上での検証とレビューを、下の記事に書きましたので、まずはこちらを参考にして頂ければと思います。

⇒  「パワハラから人事異動で脱出する方法」の検証とレビュー

 
 自由な人生を手に入れる教科書
(電子書籍 無料ダウンロードサービス実施中!)