僕は大企業を退職後、いくつかの中小企業を渡り歩いてきましたが、全ての転職において、「次の職場を確定させてから、今の職場に辞表を出す」という大原則を守っています。

全ての転職で、「前の会社の退職日の翌日=新しい会社の入社日」だった訳です。

ですから、僕は大学を卒業して今日までの約30年間、無職だった日、言い換えると帰属先がなかった日は、1日もありません。

 

そして、「まず次の会社を決めてから、今の会社を辞める」というのは、転職活動で最も重要なことだと思っています。

現在、僕は採用する側の立場として応募者の履歴書を見る機会が多いのですが、結構な年齢の人でも、先に退職してしまっている人が非常に多い。しかし、これは非常にまずい戦略です。

 

<なぜ、先に辞めてしまうのか?>

前の会社を辞めてから転職活動をする人にも、色々な事情はあると思います。

「今の会社に所属して給料を貰いながら、隠れて転職活動をするのは卑怯だ」

という思いの方もいらっしゃるでしょうし、また、「今の会社が地獄そのもので、とにかく逃げ出すしかなかった」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、今の就労環境が耐え難いものであったとしても、いざとなれば休職という武器を使える訳ですから、とにかく転職先を確実に掴むまでは、現在の職場を辞めないようにして下さい。

関連カテゴリー <休職制度の活用法>

 

<辞めてからの転職活動がなぜ不利なのか>

転職活動で最も注意すべきこと、それは「アバタモエクボ」で、転職候補先を美化して見ないように気をつけることです。

たとえ在職しながらだとしても、あなたが転職活動をしているということは、「あなたは今の職場が嫌い」ということです。

今の勤務先に不満をもって職探しをする段階で、既に「アバタモエクボ」が起きやすいのです。

まして、定期収入の道を断ち(多少の失業保険は貰えるとしても)、世間的にも「無所属」となるプレッシャーの下では、さらに目が曇るのです。

それこそ元の勤務先を超えるブラック企業をなぜか脳内美化してしまい、嬉々として就職したあげく、前以上の地獄を味わって退職、無駄に履歴書の経歴欄を賑やかにしてしまう、という最悪の事態を招きかねません。

確かに、面接の日に有給取得をしなければならない等、在職していることでの不自由はありますが、転職先が確実に決まるまで今の会社を辞めるべきではありません。

 

それに、転職候補先の立場からしても、中途採用では「前の会社で使い物にならなかった人」でなく、「前の会社でバリバリやってた人」を取りたいわけですから(そんな人が転職市場に出てくるかはともかく)、ある程度は面接時間の設定について、こちらの希望も聞いてくれるものです。

逆に、「平日でも、いつでもOKです」という応募者は、よほど会社の中で仕事を与えられていないか、外回り中に、会社の目が届かないのをいいことに好き勝手をしている人物、と思われる可能性もあります。

仮にあなたが休職中で「いつでもOK」の状態にあったとしても、「その日は・・・・5時以降でしたら調整できますが、如何ですか?」という程度の芝居はしてもらいたいものです。



 

 自由な人生を手に入れる教科書
(電子書籍 無料ダウンロードサービス実施中!)