給与所得者として働くことを前提にした場合、あなたが本音で求める職場は、「楽で給料が高い会社」でしょう。

やりがい、職場の雰囲気、人間関係、業務内容が社会の利益に反していたり、違法行為を強要されたりしないかなど、その他の要素も重要ですが、これらが満たされているかどうかということは、結局のところ、精神的な意味での「楽で」につながります。

ですから、万人が求める職場は、「楽で給料が高いところ」であると断定して差し支えないと思います。

 

「楽で給料が高い」というと、「そんな都合の良いことがあるか!」とお叱りを受けるかも知れません。

ですが、「そういう企業は存在しない!」というのもまた自分の狭い経験や思い込みにもとづく決めつけです。

「楽で給料が高い」がレアだとしても、「あまりきつくなくて、それなりの給料が貰える」ところであれば、それこそ『それなりに』存在します。

 

問題は、そのように装いながら、実はそうでない企業の求人情報が溢れており、気を付けていないと罠にはまりこむことです。

あなたが転職活動を開始したとき、最初にするのは情報収集でしょう。

人材紹介会社に登録し、条件設定をして求人検索したり、エージェントから紹介される求人内容を確認したりするでしょう。

ただ、そこに記載された企業情報や「求める人物像」などは、いわば見合いの釣書のようなものですから、良い面だけが強調され、悪い面が隠されているのが当然です。

中にはその「良い面」さえ、会社の内部にいる人には「ウ~ン?」となるほど現実と乖離した、単なる社長の願望が書かれていたりします。

ですから、ここでは企業の本当の姿は分かりません。

求人広告以外に会社の性格を決める大きな要素があります。

ズバリ、財務状態です。

 

<財務に余裕がある会社は、職場にも余裕がある可能性が高い>

これはあくまで可能性であり、中には社員をぎゅうぎゅう締め付けている結果として財務状態に余裕が出ている会社もあるでしょうから、絶対ではありません。

ただ、平均的に見ると、財務状態が良い会社、具体的には自己資本比率が高く、流動比率が高い会社、要するに資金繰りに苦労していない会社は、人員にも余裕があり、社員の待遇もそう悪くない可能性が高いということはいえます。

 

資金繰りに余裕がないと、経営層は常に落ち着かずいらいらしていますし、現場に必要な人件費をかけられない結果、人員不足で1人1人の仕事量が増え、余裕のない職場となります。

資金的に余裕がない結果、経営層のものの考え方はどうしても短絡的になります。もともとの性格があまり悪くない経営者でも、資金繰りに追われるとそうなってしまいます。

短期的な利益を生むものだけに目が行くようになり、その反面コンプライアンスなどが軽視されることになります。

十分な要員が配置されない結果、顧客からの督促や苦情が増え、それを現在の人員だけで遣り繰りするためにサービス残業が当たり前となっており、現場の社員は疲弊していきます。

働いている人に余裕がないと、どうしても人間関係がギスギスして建設的な話し合いも出来ず、そんな中に事務系管理職として放り込まれたら、遠からず職場に出るのが苦痛になります。

 

資金繰りに余裕がある会社であれば適正人員を配置することも可能ですし、経営層も中長期的な視野が持ちやすくなります。

「衣食足りて礼節を知る」は企業にも当てはまることでして、資金繰りに余裕があるからこそ、コンプライアンスや品格を重視するという風土も生まれます。

 

<財務状態をどうやって把握するか>

さて、転職候補先の財務状態を見る場合、まず重視すべきは「自己資本比率」と「流動比率」です。上場企業であればホームページ等に決算が公表されていますが、非上場企業の場合には財務諸表を入手するのが困難です。

一応、非上場企業であっても、官報に決算公告をしなければならないことになってはいるのですが、これをしている会社は非常に少ないのが実情ですから、他の手段を考えなければなりません。

 

「Gサーチ」というサイトでは、帝国データバンクや東京商工リサーチの調査による簡易な企業プロフィールが手に入ります。

数年間の売上・損益と自己資本比率は確認できます(流動比率は財務諸表でないと分かりません)。また主要な取引先等も掲載されています。

印刷するとA4紙1枚程度の企業プロフィールデータが帝国データバンクだと1,600円、商工リサーチだと1,200円です。決して安いとはいえませんが、転職は人生における大きな事業ですから、失敗しないように、なるべく情報を集めた方がいいでしょう。

 

僕個人としては、帝国データバンクより東京商工リサーチの方が好みです。

帝国データバンクよりは料金が安いですし、数字だけでなく、その企業についての担当者の評価が短いコメントが載っていて分りやすいからです。

 

 

 自由な人生を手に入れる教科書
(電子書籍 無料ダウンロードサービス実施中!)