「1日ぶっ通し録音」をし、証拠のファイルを貯めていく段階で非常にに重要なことですが、上司などの「記録に残すべき発言等」があったら、日時と内容を必ず手帳にメモしておいて下さい。

ダイアリーが付いた手帳を用いて、、該当日のところに「16時、事務フロアで専務『ウチには有休なんかない。休みたければ会社辞めてずっと休んでろ』」のように記録しておきます。

その場にいた人間が誰かとか、そういうことも、併せて記入しておきましょう。

 

これは、後に現実の争いに発展した場合に、手持ちの証拠を素早く確認するために、非常に重要なことです。

いざ戦いになってから、膨大な録音ファイルを全部聞き直して該当箇所を探すなんて不可能だからです。

とにかく、いざ必要になった場合に、素早く目的の録音にたどりつくことが可能なように、必ず手帳にも記録をしておいて下さい。

こういう記録は、「必ずその日のうちに」やることが重要です。

暴言などは鮮明な記憶に残るので、忘れることはない、とか考えがちですが、人間の記憶とはあてにならならないものです。僕もこれで痛い目に遭っています。