先日、日経BP社の月刊誌「日経ビジネス アソシエ」の取材を受けました。

4月号(3月10日発売)で、「40代・50代の転職のリアル」に関する特集を組むとのことで、たまたまこのブログをご覧頂いた編集者の方から取材申し込みがあったものです。

 

僕について言えば、22歳で大学を卒業して就職し、50代半ばのこれまで、経験した会社は5つ、転職回数は4回です。会社の数と転職回数がごっちゃになって、このサイト内の記事でも一部に不統一な記載があると思いますが(見つけるたびに直してはいるのですが)、事実はこのとおりです。

4回転職しましたが、全部の転職において、次の会社を決めてから今の会社に退職届を出しましたので、帰属先のない「無職の日」は、新卒で就職してから今日まで、1日もありません。

 

取材では、中高年での転職活動の実態について、事実をそのままにお話しさせて頂きました。

 

恐らく、何人かの転職経験者の1人として掲載されると思いますが、結構なページ数を使って頂ける様な話も聞いておりますので、ご興味のある方は、3月10日発売の日経ビジネス アソシエ4月号をお求め下さい。

日経ビジネスアソシエ

日経BP書店・日経ビジネスアソシエ