今の会社に見切りをつけ、転職をするとしたら、あなた個人の実力=自分の持っている普遍的な業務能力・業務知識を磨くとともに、それを「客観的に履歴書に書けるように」しておくことが必要です。

サラリーマンの資格取得について、「資格より実務能力」「資格は無意味」と言われることがありますが、実際に採用を担当している僕の感覚は、少し違います。

例えば、面接の場で「私は●●ができます」「私は□□が得意です」と言われても、その本人の実力が実際にどの程度なのか、見当がつきません。そのとき、何らかの業務関連資格を持っていると、「体系的な知識は持っているんだな」という判断ができます。

それと、実際に転職活動をすれば分るのですが、履歴書の資格欄に書けるのが、「普通自動車第一種運転免許」だけというのは、どうも気後れするものです。その気後れが、そのまま面接に出てしまったらマイナスです。

確かに、特に中高年の転職においては、実務経験のない資格は武器にはならないかも知れません。これまで、工場の技能職をやっていた人が、「ビジネス実務法務検定の2級に合格しました。法務業務をやりたいです」と言っても、相手にされないことが多いでしょう。

しかし、これまで自分が経験してきて、これからもそれでいきたい、と思っている職種に関連した資格を持っているのは、決してマイナスではありません。経験とアカデミックな知識を兼ね備えた人という評価を、少なくとも僕ならします。

 

有利な転職のために、どんな資格を目指すのがよいか

これは、あなたのこれまでの経験と、今後どのような仕事をしたいかが関係しますので、一概には言えません。

ただ、これからの時代、職種を問わずに明らかにアドバンテージが期待できる、転職先の候補先が明らかに広がる、ということになれば、「英語能力」の習得が間違いのないところでしょう。

直接英語を使用しないような会社・職種への応募であっても、英語の資格があると有利だと思います。なぜなら、日本人は受験の影響か、「英語ができる=頭がいい」と考える人が多いからです。

また、履歴書に書かれる英語の資格と言えば、一昔前は英検が主流でしたが、今はTOEICのスコアを書くのが最もポピュラーです。会社の募集要項に書かれでいるのも、たいてい「TOEICスコア●●●以上」です。ですから、これから英語に挑戦する人は、最初からTOEICを受ける前提で学習するのが良いと思います。

関連記事:最強のTOEIC(R)教材は”eigo buffet” (英語ビュッフェ)だ

 

では、既に一定の英語能力がある人、あるいは、英語と並行してもうひとつ勉強するという意欲の高い人であれば、何がいいでしょうか。

管理系(総務・人事・法務・経理)を志望する場合、「ある程度の知名度があり」「採用についての権限を持っている人(中小だとほぼ社長)の受けが比較的良い」資格ということになると、日商簿記がまず挙げられるでしょう。日商簿記2級を持っていれば、一定の経理スキルはあるものと受け取って貰えるでしょう。

総務・法務系だと、東京商工会議所の「ビジネス実務法務検定」がいいと思います。とりあえず2級があれば履歴書に書けます。1級は合格率8~9%と難関ですが、特に法務部門の管理職を目指すのであれば、是非チャレンジしてみましょう。

行政書士や社会保険労務士などの国家資格は、取得するのに多大な労力がかかる割に、就職活動においては意外と武器にならないのが現実です。なぜなのかはよく分りませんが、行政書士はかつての「簡単な資格」だった時代の印象を引きずっているから、社労士は健保や厚生年金の事務処理をするイメージで、その程度の仕事なら一般職の女子社員でもこなしていることだから、ということかも知れません。現実は大きく違うのですが、イメージというのはなかなか是正されないものなんでしょう。

あと、漢字検定とか歴史検定は、採用では全く問題になりません。履歴書に書くものでもないと思います。完全に趣味の領域と考えた方がいいでしょう。

業種や担当職種にもよりますが、宅建は不動産屋以外でも、案外評価されることがあります。民法の基本的な知識を有していることの証明になることに加え、不動産取引はどのような会社でも係ることですし、会社がサイドビジネスとして、不動産に手を出すケースもあるからでしょうか。

 

 自由な人生を手に入れる教科書