英語の勉強は、結局のところ、単語・熟語を覚えることがその中心となります。

もちろん、たくさん覚えているに越したことはないのですが、TOEIC受験に限っていえば、難解な抽象語をたくさん覚える必要はありません。

中学英語で習う基本語が1,200語だそうですが、TOEICについて言えば、これにプラスして1,000位の単語・熟語をしっかり身に付ければ、800点越えは十分達成できると思います。

ちなみに、800点は、世間一般で「英語ができる人」と認識してもらえるラインですよね(実際には800点だと、とても英語を使いこなすまではいかないのですが)。
これを達成するのに、基本単語プラス1,000語では少ないと思うでしょうか。

僕は、少ないとは思いません。
ただし、この1,000語を「しっかり身に付ける」というのがカギです。

単語を「しっかり身に付ける」とは

英単語や英熟語を「しっかり身に付ける」ということについて、もう少し詳しく説明します。

中学の基本単語1,200語とは、例えば “teacher” とか ”father” 、”car”、”desk”,”tree” のような単語です。

これらの単語は、いちいち日本語に翻訳しなくても、見た瞬間、あるいは聞いた瞬間に、その意味がパッと頭に浮かぶと思います。いや、頭に浮かべるまでもなく、頭が、心が、そのままストレートに受け入れるでしょう。

先に挙げた5つの単語はいずれも具体的な有体物を指す名詞ですが、これが抽象的な言葉、例えば”important”、”beautiful” , “necessary” といったものであっても、これら中学で習った単語であれば、同じようにタイムラグなしで意味を掴むことが出来るのではないでしょうか。

英語を英語のままで受け入れられる、と言いかえてもいいかも知れません。

実際、「キーボード keyboard」なんて言葉を聞いたときには、いちいち日本語を挟むことじたいしないでしょう。

僕の言う「しっかり身につける」とは、こういうことを指しています。
ある単語を聞いたとき、見たときに、瞬時に意味が分かる、意味が自然に身体に入ってくる状態まで「自分のものになっている」単語が、中学基本単語以外に1,000もあったら、世界が変わります。

逆に、3,000語覚えた、5,000語を達成した、と言っていながら、ヒアリングの点数は伸びず、リーディングの途中で時間切れになる人もいます。
こういう人は、確かに単語を「記憶した」のかも知れませんが、実際の英文の中でその単語に“再会”した時、「responsible・・・ responsibleって、えーと、あ、“責任のある”だ」といった調子になっているのです。
これでは、ヒアリングではresponsibleの意味を思い出たときには、もうセンテンスが進んでしまって訳がわからなくなっているでしょうし、リーディングでも、限られた時間に大量の問題を解くことは不可能でしょう。

ですから、まずはTOEICの必須語と言われる1,000語位を上に書いたような意味で「しっかり身に付ける」ことです。
この基礎があると、英文を読む・聞くことが苦でなくなるので、いろいろな英文に触れる意欲が自然と出て来ます。
それまで見ようとも思わなかった海外のWEBとか、youtubeで海外の方が書き込んだコメントとかも、自然と読めるようになります。
もちろん、その中で知らない単語にたくさん出会うでしょうが、1,000語の基礎があると、調べながら読んだり、時間が無い時は前後から推測しながら読むのでも、ずいぶん楽です。英文を読むのがストレスになりません。

繰り返しますが、1,000語で十分です。800点取るには、3,000語必要だ、いや5,000語だ、10,000語だ、という話に惑わされないで下さい。

ただし、1,000語というときに、同系列単語を2語と数えると、これはさすがに少なすぎます。beautiful とbeautifully で2語と数えるようなやり方で1,000語だとすれば、さすがに少なすぎます。

逆に言えば、contribute (貢献する:動詞)を覚えればcontribution(貢献:名詞)も自然に覚えるでしょうし、intensive(徹底的な:形容詞)を覚えればintensively(徹底的に:副詞)で2語と数えるのですから、1,000覚えることは、実際には2,000語をモノにすることになるのです。

鍵は繰り返し

単語を「身に付ける」鍵は、ひたすらの繰り返しです。
僕は、「英語ビュッフェ」の副教材Yamazaki Story(米国出張バージョン)を、週に2~3回ぐらいは聞いています。通しで聞くと2時間半の教材ですが、平均1.2倍ぐらいにスピードを速めると、2時間強で聞くことが出来ます。
僕は転職の結果、片道の通勤時間が1.5h位になったのですが、このうち、電車に乗っている時間が正味1時間ちょっとですので、往復で1回聞ける計算になります。
他のことをしている場合もありますが、まぁ、1週間5日としてその半分ぐらいは音声を聞いています。聞けば聞くほど、身体に染み込んでくる感じです。