「上司がバカで困る」、というのは、昔から様々な場所で語られることです。

 

そんなバカ上司ばかりがいるのに、日本が大変な経済成長を遂げたのは、考えてみれば不思議なことです。

多分、優秀な部下の賢明なフォローがあったことは、間違いありません。

 

しかし、その優秀な部下もまた、時期が来て昇進すると、少なからぬ人数が「バカ上司」に進化していきます。

そうでなければ、今も昔も、そこらじゅうに「バカ上司」が溢れている訳がありません。

 

法律上問題がなければ、言われた通りにやりなさい

 

仕事の内容や手順の指示を受け、「そんなの意味ないじゃん」とか、「その方法じゃ非効率じゃん。こうすればもっと早いじゃん」、と感じることは多々あると思います。

 

本当に上司ってバカだな、と思うことは多いでしょう。

 

しかし、指示内容に法令上の問題がない場合には、馬鹿馬鹿しいとは思っても、いちいち指摘せずに、指示通りに仕事にとりかかることをお勧めします。

 

それは、次のような理由からです。

 

まず、上司が本当にバカの場合、あなたの指摘を理解できません

理解できないので、あなたの指摘は、単に文句を言っているとか、やりたくなくてごねているとか、そういう風にしか思いません。

ですから、議論するだけ無駄ですので、言われた通りの方法で、さっさと取りかかった方が得策です。

もし、結果が出れば途中の過程は問題にならないのなら、あなたの考える効率の良い方法で仕上げればいいのです。

 

 

それから、上司は実はバカではないが、その上にいる役員や経営者がバカであるために、自分でも分かっていながら、バカな指示を出さざるを得ないことがあります。

 

上司になってみると分るのですが、こういうケースは非常に多いのです。

 

上司の本音では、部下に対して「俺自身もバカバカしいとは思うけど・・・」と言いたいのですが、真面目な上司であるほど、そういうことは言いません。

 

こういうときに、あれこれ言わずに「分りました、課長」と言って、さっさと仕事に取りかかってくれる部下はとても有り難い存在です。

 

「組織というものをよく理解しているんだな。いろいろ納得できないこともあるだろうに・・・」と思えます。

 

「せめて人事評定の機会には、精一杯の評価で報いないといけないな」とも考えます。

 

 

 

ところが、実際には、この機会に自分の優秀さをアピールしようとして、「そんな仕事には意味がないと思います」「そのやり方は非効率です」と意見する部下がいます。

 

本人は「俺様は優秀だろ?」と言いたいのでしょうが、本当はバカでない上司にとって、そんなことは分りきっていることです。

 

「お前の言うことぐらい、俺自身も分っている。でも我慢して、役員や経営層の考えに従って指示を出している。それなのに、こいつは何様だ!」という気持ちが湧いてきて、その部下を疎ましく思うのも無理からぬことです。

 

部下の側では自分の能力をアピールする絶好の機会と考えたのでしょうが、実際には上司の心証を悪くする結果になります。

 

 

ですから、上司が本当にバカな場合でも、上司が実はバカでない場合でも、いずれであっても、「四の五の言わずにさっさと言われた方法で仕事に取りかかり、とっとと終わらせる」のが正解なのです。

 

 

法令違反の指示だけは困る。その対処法とは

そうはいっても、中には法律や法令、その他のルールに反する指示をしてくる上司もいます。

 

あるいは、何か大きな間違いをしており、現時点で修正しておかないと、大変な事態になるという場合もあります。

 

法改正があってもそれを知らず、「そんなことはない。俺は昔からこうやってきて問題がなかった」とか、自分の過去の経験だけをベースに、自説を曲げません。

 

こういう人は、まず間違いなく自説を曲げませんから、説明しようとしても素直に聞きません。

当然ですが、条文や通達等の基礎資料に当たることもしません。

そういうものを実際に示しても、「でも、実務上は・・・・」などと言いはじめ、自分の非は認めません。

こういう人はカッとしやすい性質も併せ持っている場合が多く、たいていの場合、怒号でこっちを遮って終わりになります。

 

法令違反がなければ、言われた通りにすればいいのですが、明らかに法令に違反した指示の場合そうもいきません。

下手をすると、実行行為者として、こっちが法律上の責任を取らされます(こういうとき、上司や経営者は『私は知らなかった』とこちらだけに責任を押しつけて逃げるの普通です)。

 

これは本当に困ったケースで、絶対に有効な対処方法というものはありません。

 

ただ、僕自身が同じようなケースに遭遇したとき、労働者サイドで活動している社労士や弁護士に相談して得られた回答で、現実的かつ効果的と考えられたのは、

 

「業務命令であるため、とりあえず従う」

「但し、『それは間違ってますよ』ということは必ず指摘し、その状況を録音しておく」

「録音の中に、『つべこべ言わずにやれ!』など、上司の高圧的な指示が残るように工夫する」

 

というものでした。

 

上司に強く指示されたからといって、何をしても免責されるものではありませんが、少なくとも自分が首謀者でなく、仕方なく(断れば辞めさせられる、辞めさせられたら路頭に迷う、という危機感から)応じたと言えるだけのものを、必ず残しておくということです。

 

 

上司の深層心理を理解し、対処法を覚える

 

あなたは、今の会社に見切りをつけて転職をすることを考えているかも知れませんが、転職してもまたどこかの会社に勤める以上、普遍的な上司の心理とそれに対する対処法を学んでいて損はありません。

 

このことについて、心理学的な側面から分りやすく説明してくれるのが、桑島隆二氏の「パワハラから人事異動で脱出する方法」です。

 

人事異動による解決を望んでいない方であっても、サラリーマンとして生きていくために、上司の心理を学び、どう接するかを会得しておくのは非常に大切なことです

 

興味のある方は、是非以下のレビュー記事を読んでみて下さい。

「パワハラから人事異動で脱出する方法」の検証とレビュー

 

 

 自由な人生を手に入れる教科書
(電子書籍 無料ダウンロードサービス実施中!)